腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  セイコー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セイコー「キングセイコー」(5625-7113)

筆者が残りの後半生で使用する時計として『ブライトリング』『セイコー』を挙げましたが、その中でも「グランドセイコー」「キングセイコー」「アルピニスト」は外せません。

こだわる理由は特に無いんですが、まあ、強いて挙げるとするとそのペットネームに歴史や伝統を感じるからでしょうかねぇ~

「アルピニスト」は以前紹介しましたが、今回は筆者が唯一所有している「キングセイコー」、いわゆる「56KS」です。

2016050210490001.jpg

1974年1月諏訪精工舎製。

文字盤が多少焼けておりますなぁ~

普通のステンレスケースのシルバー文字盤のオヤヂ時計なんですが、端正な佇まいが良いです。

夜光はありませんが、工夫を凝らしたインデックスとハンドなので、室内でも野外でも視認性が非常に良いです。

これはKSとしては初めての諏訪精工舎製で、大量に生産されたので現存数が多いですね。
裏蓋にメダルがない仕様ですので、メダル腐食の心配をせずにすみます。
キャリバーは5625B(25石・28800振動)、手巻き機能、ハック機能、日付早送り機能と実用性は高い割には人気はいまいち振るわないので、手ごろな値段で入手できます。
但し、日付の早送り機構が故障しやすいので注意が必要ですね。

この個体は機械的な不具合は無かったのですが、若干、文字盤に焼けがあるので数千円で購入できました。



↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
スポンサーサイト

セイコー 「クオーツ TYPEⅡ」 (7123-7000)

今回は第二精工舎(亀戸)で1979年6月に製造された、セイコー「クオーツTIPEⅡ」(7123-7000)です。

見た感じはステンレスのケースもシルバー・ヘアラインの文字盤も典型的なオヤヂ時計ですねぇ~。
まあ、しているのがオヤヂなので違和感は全くありませんが・・・

2016042909410000_201604291117347b6.jpg

セイコーのオールド・クオーツの中でも「TYPEⅡ」は、クォーツ時計が高級品であった時代に多くの世代に支持された普及品の傑作機で数多くのバリエーションがあります。

文字盤の6時上にあるアップライトの水晶マークとTYPEⅡのペットネームが特徴で、日付と曜日のデイ・デイト付と機能性も充分です。

ブレスレットはオリジナル(型番XNA140)で、3連のセンターがポリッシュ、両脇がヘアラインの薄手の巻ブレスす。
しかし、普及機とはいえ作り込みはいかにもセイコーの面目躍如ともいうべき出来で、装着性、視認性ともに何の問題もありません。

普及品のクオーツ・キャリバーは亀戸系のCal.46xx→43xx→71xxという流れのようですね。(諏訪系はCal.75xx→82xx)

type2-7123

上記画像は「こちら」よりお借りいたしました。

今やメーカーなどでもメンテナンスを断られているようですが、この腕時計はOHなども一度もしていないのに約37年間も特に問題もなく動いています。

考えてみると、これって何気にすごいことですよねぇ~
流石、世界のセイコーです。

外観も多少の擦り傷などはありますが、大きな傷や凹みもありません。電子回路は無理でしょうが、せめて、機械部分だけでもメンテナンスしてあげたいと考えておりますが、果たして受け付けてくれるところが在るか、はたまた、どうせやるなら、ガラスやパッキンの交換やケースの研磨もなんて考えると、そこまでお金をかけるのもなぁ~と躊躇しております。

そんなこんなで最近つらつらと考えてみますと、クオーツ腕時計の寿命というのはどれほどなのかなぁ~と言う素朴な疑問が沸いてきました。

いろいろとネットで調べてみると、まあ、予想通りと言うべきか、電子回路が駄目になったら交換するしかないが、交換するには万円単位で費用が掛かり、交換用の電子回路がなければ修理不能という現実です。

時計屋さんの話だと、メーカーでも昔の部品を今の部品で代替えするということは不可能で、昔の部品在庫で対応するしかなく、その部品すら機能するかどうかは換えてみなければ判らないという事らしいです。

という事は、メーカーでの部品在庫がなくなれば修理対応は不可能という事で、とても、一生持つ寿命は無いという事なんでしょうねぇ~

「機械式時計は懐中時計から含めれば数百年の耐久実験がなされているが、クオーツ時計はまだ世に出てから約50年で人の一生分の時間も経っていないので、どれだけ持つか誰も判らないということだ。つまり、現在進行形でクオーツ腕時計の経年耐久実験中なのだ。
という意見もあります。

果たして、年差5~10秒クオーツを誇る「グランドセイコー」や「ザ・シチズン」などは、来世紀にも果たして稼働状況にあるのでしょうかねぇ~

まして、筆者の好きな安価なクオーツ腕時計など、どうなっちゃっているのでしょうか??



↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

セイコー 「ファイブ」 SEIKO 5 (SNK393KC)

腕時計に関しては、約9か月ぶりの更新です。

何故、「かくも長き不在」となった理由について知りたい人は、良かったら前記事を読んで下さいね。

それはさておき、昨年から今年にかけても、安価な腕時計がかなりの数増殖しているのですが、ぼちぼち更新していくつもりです。

とは言っても、そんな腕時計に興味がある人たちは、腕時計ファンの中でもごく少数なんでしょうけどねぇ・・・

筆者が脊髄反射のように反応する腕時計のキーワードは、航空、パイロット、回転計算尺、アラビア数字、黒文字盤、クロノグラフ、ヴィンテージ、オヤヂ、チープ、クラシック、シンプル、多機能というものでして、実に節操が無く、ぶっちゃけた話、腕時計なら何でも好きという訳のわからない男なので、このブログに書いてあることなど真に受ける人など居ないとは思うのですが・・・

まぁ、還暦前で孫も4人いる低所得な変わり者オヤヂの戯言と読み流して下さいね。
あっ、低所得だからって、卑下しているわけじゃないですよ。仕事には信念と誇りを持っておりますから。
かみさんの収入と合わせりゃ、同年代と同じかちょっと低いくらいですから、夫婦揃ってやっと一人前ですかねぇ~

なんて如何でもよいこと書いているわけですが、そろそろ本題に。

今回は日本のセイコーが世界に誇る自動巻きムーブメント「7S26」を搭載した、低価格で楽しめる機械式腕時計では世界中でベストセラーの5シリーズの中でも、現在販売中の逆輸入セイコー5では定番の一つです。

2015122510550000.jpg

日付がズレてますが、画像は昨年の12月25日に、私が勤めている法人の農園施設の休憩室で撮ったものです。

このセイコーの「7S26」というのは、機械の当たり外れはあるらしいですけど、調整次第ではかなり精度を追い込めるらしいですね。
筆者にはそのスキルも気もありませんけど・・・
精度をクオーツとは比べるのもナンセンスですが、日常使用ではなんの問題もありません。

最近になって筆者は、勢いに任せてセイコー「5」シリーズを5個も買ってしまったのですが、他の「5」もそのうち記事にしようかと思っています。
以前から「5アクタス」を複数所有していたのですが、OHもせず放置してあるので、そろそろメンテナンスして腕に巻こうかなぁとも思っております。







↓楽天市場はこちらから↓



↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

セイコー「チャンピオン850 アルピニスト(J13079)」

どうも皆さんには、随分とご無沙汰してしまいまして・・・

法人の新施設の開設のため、年度末から新年度にかけては目が回るような忙しさでした。

このところ、やっと落ち着いたところですが、新年度より新しく入所した特別支援学校の卒業生4名の支援とその他在籍者28名の援助で現場の手が回らないと言う事で、筆者も利用者対応に狩り出されておりました。

いやはや、50代後半の身には、10代の子の世話はほとほと手を焼きますなぁ~。
彼等の若さ溢れる行動に、身体が付いていきません。

そう言いながらも、天気の良い休みの日に、銀座にぶらりと修理に出していた「チャンピオン850 アルピニスト(手巻き)」を引き取りに行って来ました。

帰りは、時計好きのくせに、そうそうたる時計屋やメーカー直営店などには目もくれず、7丁目の「ライオン・ビアホール」で一杯やるというのが、筆者の流儀です。


P1000119.jpg


このところ筆者は、ブライトリングやセイコーを銀座の某店に修理やらOHやらなんでも出しているのですが、腕も良いですし価格も良心的です。
ただ、結構、忙しいようなので出来上がりに時間が掛かるようですが、まあ、当方はあまり気にしておりません。

この時計も、昨年の11月末に依頼して、出来上がりが4月ですから、時間が掛かった方でしょうか?

修理内容を考えれば、当然かもしれません。

ベルトはNATOタイプのブラウンに変えてあるのですが、いつもながら写真が下手でよくわかりませんな・・・

残念ながらこの時計は、オリジナルの竜頭ではない物に交換されています。
チャンピオン用の防水竜頭を用意してくれたのですが、チューブ径が合わないということで装着できず、ただ、それは「何かに使いなよ」ということでいただいてきました。
個人的には、チャンピオン860 カレンダーの巻芯と竜頭が使えないかなぁ~と画策しております。

あと、この時計は文字板のバリエーションが多いので、それも全部揃えたいなぁ~などと、断捨離とは何処吹く風とばかりに考えております。

筆者は「グランドセイコー」と「キングセイコー」と「アルピニスト」、「コスモノート」、「ナビタイマー」、「クロノマット」があれば、他は何にも要らないんですよねぇ~
って、欲が深いですか?
まあ、どうせ、各バリエーションを全部欲しがっているような煩悩の塊なんですけど・・・



↓楽天市場はこちらから↓



↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

セイコー「クロノグラフ(7T92-0CF0)」

セイコー「クロノグラフ(7T92-0CF0)」2005年6月製造

P1000358.jpg

おなじみの逆輸入クロノグラフです。

基本スペックは以前紹介した【7T92】シリーズと同じですが、この時計には回転計算尺が装備されており、国防予算の限られた、家庭内空軍パイロットにとっては、この腕時計のリーズナブルな価格はうれしい限りです。

文字板は黒、時間に関しては非常に視認性の良い時計なのですが、インダイヤルやフライトコンピューター部分は数字が小さすぎて、筆者には読み取りにくいです。

しかし、安価な割には非常に手の込んだ文字板で、セイコーの面目躍如といった素晴らしいパイロット用クロノグラフだと筆者は思ってます。

この腕時計は、色違いで何個有っても良いんじゃないでしょうか?

などと言いながら、この時計は買ってから電池が切れるまで数回腕に巻いたのですが、もう数年放置しちゃっているので、電池交換しなければいけないんですけどね・・・


セイコー・逆輸入クロノグラフはここをクリック


楽天市場で探すならここをクリック


↓楽天市場はこちらから↓



 
↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
[ 2013/03/09 17:40 ] セイコー | TB(0) | CM(8)
プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->