腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?はたまたこれからは靴廃人記となるか?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  雑想 >  P氏の華麗なる日常 7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P氏の華麗なる日常 7

 さて、旦那と姐御、MとS君の4人はユニクロにやってきました。

 「いやぁ、混んでますネ~」

 「さすが、ユニクロだ」(4人共キョロキョロしてます。まるで上野駅に着いた修学旅行生のようですな〈古い〉)

 「ユニクロってそんなに凄いのですか~?」

 「あたりめーよ。なんてったって、アロマニだからな・・・いや、マカロニだったっけかなぁ?(語尾上がる)」

 「なんですか?・・・そのアロマ二というのは」

 「なんでしたっけ、旦那ぁー!」

 「うるせーな、大声上げんじゃねぇ!みんな吃驚してるじゃねぇか!! ・・・ったく、アロマテラピーみたいな面ぁしやがって!!」 〔どんな面だ・・・〕

 「旦那ぁ(語尾はそのまま)・・・また、訳の判らない事を言うー(語尾上がる)」

 「アロマニじゃねぇーよ! なに言ってんだ! アルマーニだ!アルマーニ!!イタリアの最高級の洋服よ!」

 「ユニクロもアルマーニなんですか~?」

 「あたりめぇだ! ジョルジオ・アルマーニって言やー伊達男の着る洋服よ! そいつの弟だか息子だか知らねぇのがエンポリオ・アルマーニ、その息子か何かがユニクロ・アルマーニよ!!」〔って嘘ばっかり・・・〕

 「そうだったんですか~」

 「おうよ。今日からオメエも伊達男で合コンだ! だからせいぜい気張って買いやがれ!」

 「でも、何買ったらいいんですかねぇ~」

 「なんでー、だらしねぇ野郎だな~伊達男のくせに。 てめえの着るもんくらい、てめえで選べないのかぇ」

 「あ~いや~、伊達男って何がどういう事で、何が良いんだか判らないんですよ~」

 「伊達男っていやーMだ!なんせ野郎の田舎は元伊達藩だから奴に選んで貰え!」

 「伊達男って訛っている人の事なんですか?~・・・それにMさんはセンス悪いから嫌ですよ~」

 「なんだと馬鹿野郎!!俺も大したことないけど、てめえ程じゃねぇぞ!!(語尾上がる)」

 「でもPさんも最近Mさんのせいで、俺も訛ってきたって言ってましたよ~」

 「え~!・・・旦那、どういう事なんすか?(語尾下がる)」

 「いや~、まあ、俺が田舎の親父に電話をしたと思いねぇ」

 「そういや、お袋さんは元気なんすか?・・・う~ん、絶対元気だろうな~、それ以外考えられないもんな~あの人は!!(語尾上がる)」

 「あの猿婆ぁは、いつだって元気だよ! 死んでもウルセーだろうぜ!!・・・なこたぁどうでもいいんだ、俺の話を聞きやがれ!」

 「で、親父が何て言ったと思うねぇー?」

 「さぁー」(二人とも首を捻ってます)

 (Mが手を叩いて)「また別れたのか?・・・ですか?(語尾上がる)」

 「あのな~・・・俺ぁ一文無しで、娘が3人もいるんだぞ!!そのうちまだ2人はこれから嫁にやらんといかんのだ!!ケツの毛まで毟られて、逆さに振っても鼻血も出ねーんだよ・・・これで別れたらどうなると思う? 相手はアメリカ人だよー、まして、軍人の娘だよ~ 今度は頭の皮剥がされて、原爆落とされるぞ!!」

 「インディアンじゃないっつ~の!」(二人揃って)

 「でも、ショックだったぜ、俺は・・・」

 「あっ、それで親父さんに何て言われたんですか?~」

 「今、お前何処にいるんだ? 東北か? なんか言葉が変だ、訛ってるぞ!ってよ~」

 「どういうことですか?~」(二人揃って)

 「お前らと喋ってると、訛りがうつるんだよー!!」

 「そんな~、俺たちは訛ってないすよ~」(二人揃って)

 「だから、それが訛ってるんだよ!!・・・語尾がおかしいだろうが!」
 
 「旦那だって北海道じゃないすかー(語尾上がる)」

 「馬鹿野郎!!北海道は訛らないんだよ!!」

 「よく言うっすよ!なまら美味いっしょ・・・なんて言ってるじゃないですか?(語尾上がる)」

 「そのなまらと、訛りは別だろー」

 「そんな事言うんなら姐御に選んでもらいましょうよ、訛ってないし(語尾そのまま)」

 「訳の判らない理屈だが、まぁ、そうだなー、エリ子に選んでもらうかー」

 「姐御、お願いしやす・・・でも、姐御はなんでエリ子さんて言うんすか(語尾上がる)」

 「ワタ~シ、えりざべすダカ~ラ、エリ子トイイマ~ス」

 「う~ん、さすが姐御だ!(語尾上がる)・・・なぁSよ!!」

 「?・・・」〔っていうか~姐御が一番訛ってるんですけど・・・〕


 後日談だが、姉御に見立ててもらったコーディネートで颯爽と合コンに赴いた伊達男S君は、シャツの襟の後ろ側にあるサイズシールをはがし忘れ、合コンの間、ずっと女子たちにM君と呼ばれていたのはここだけの秘密である。


 *一応、Sの為にこの話はフィクションである。と言っておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/17 21:00 ] 雑想 | TB(0) | CM(4)
Re:ホーシュ様
ズボンはき忘れるくらい大丈夫ですよ。 
スカートをはいて出るとちょっとですが・・・(笑

そう言えば、病院勤務の頃、よくナースがキャップ被ったまま帰るところを呼び止めましたね~
あれって、白衣の時はなんとも思わないのですが、私服だとすご~く違和感があって、笑えるんですよねぇ~
[ 2011/05/19 23:13 ] [ 編集 ]
私はユニクロの長い透明シールを貼ったまま外出したことがあります。
そのうちズボンをはき忘れて出るんじゃないかと心配です・・・。
[ 2011/05/19 16:15 ] [ 編集 ]
Re:猫仙人の友達さま
こんばんは

SとかMとか、なにやらアブノーマルな世界のようですねぇ~

シャツの身頃に貼ってあるのは、仰るとおり長いのですが、襟の後に貼ってあるサイズシール(3センチ角くらい)は長くないのですよ。
さすがのSも長いのは気が付いて剥がしたのでしょうが、襟の後のは盲点だったらしいですねぇ~

まあ、これは以前の話で、今は看護師の彼女が居ますので、ちょっと安心なのですが・・・
MもSも彼女が出来たら、ちょっとは我が家から足が遠のく事を期待したのですが、彼女の分の人数が増えただけで・・・

私は先ほど帰宅したのですが、もうMと彼女が来てなにやら台所で作ってます。
ちなみにMの彼女は、資○堂の美容部員で派手な美人です・・・

お前等、頼むから早く結婚しろよ~
ってな感じです。

[ 2011/05/18 19:48 ] [ 編集 ]
こんにちは

S君は、Mなのですね。
ユニクロのサイズシールは、MMM・・・って長くありませんでしたっけ?
[ 2011/05/18 11:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->