腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  Hard Rock Cafe >  People get ready ピープル ゲット レディ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

People get ready ピープル ゲット レディ

 長らくお休みしていましたが、生死の境を彷徨った(ちょっとオーバーか?)手術の後は、音楽ばかり聴いて過ごしていました。

 筆者は音楽なら何でも好きなタイプで、それこそ坂本冬美、長山洋子からトミー・フェブラリィ6/トミー・へヴンリィ6まで、マヘリア・ジャクソン、アレサ・フランクリン、ジョス・ストーンなんかを聴いてました。
 って、全部女性ですねぇ~

 以前、筆者は牧師の孫だってことを書いたことがありますが、今回の入院ではいろいろと思うところがありました。
 だからと言って、ゴスペルばかり聴いていたわけでもないんですが、

「People get ready」

People get ready
Theres a train a-coming
You dont need no baggage
You just get on board
All you need is faith
To hear the diesels humming
Dont need no ticket
You just thank the lord

People get ready
For the train to jordan
Picking up passengers
From coast to coast
Faith is the key
Open the doors and board them
Theres room for all
Among the loved the most

There aint no room
For the hopeless sinner
Who would hurt all mankind just
To save his own
Have pity on those
Whose chances are thinner
Cause theres no hiding place
From the kingdoms throne

So people get ready
For the train a-comin
You dont need no baggage
You just get on board !
All you need is faith
To hear the diesels humming
Dont need no ticket
You just thank, you just thank the lord



「みんな準備はできたか」

みんな準備はできたか
汽車が来るよ
荷物は必要ないよ
ただ乗るだけでいいんだよ
必要なのは信仰だけ
汽車のディーゼル音を聞いてごらん
切符は必要ないよ
いやいや、ただ神に感謝するだけでいいんだよ

みんな準備はできたか
これはヨルダン行きの汽車だよ
大陸の隅々から乗客を乗せてきたよ
信仰が鍵
ドアを開けて乗り込もう、みんな
最大の愛を注ぐ人すべてに
希望があふれている

みんな準備はできたか
オー・オー・オー・オー
来た
来たよ

神に感謝しよう

みんな準備はできたか
汽車が来るよ
荷物は必要ないよ
ただ乗るだけでいいんだよ
必要なのは信仰だけ
汽車のディーゼル音を聞いてごらん
切符は必要ないよ
ただ神に感謝するだけでいいんだよ


 てな歌詞です。

 
 クリスチャンや聖書について学んだ事のある人ならグッとくるでしょうね。
 
 どいう意味に取るかは、その人次第でしょうが・・・

 この曲は入院中、何百回も聴いてました。

 ゴスペルのようですが、実は、インプレッションズというアメリカのR&Bグループのカーティス・メイフィールドというシンガーが作った曲です。
 まあ、今ではゴスペルと言ってもいいくらいですが・・・

 アレサ・フランクリン、ボブ・マーリーや、アル・グリーン、ジェフ・ベック(with ロッド・スチュワート)、山下達郎なんかも歌ってますねぇ~

 しかし、ここはちょっと外して、ジェフ・ベックとジョス・ストーンといきましょう!
 ジェフ・ベックのギターとジョス・ストーンの歌は、筆者の心に染み入りました。

 なんせ、前にも言いましたが、ジョス・ストーンは若い頃のかみさんにそっくりなもので(この映像では髪がブルネットですが)・・・大好きなんですよ~

 あと、何の命脈も無く時間が長いのですが、実はそのかみさんが大好きな長山洋子のじょんから女節も聴いて見てください。
 ブライアン・メイばりの津軽三味線は文句なしにカッコいいですよ!
これが東北の!いや、日本のR&Bです!!
 
 この人、アメリカ人の男性と結婚したんですよね。アメリカ人はこの手の音楽が好きなのかなぁ?
 まあ、ただの偶然だとおもいますが・・・
 
 ちなみに、冒頭に入っている「どうもありがとうございました」って声は「ふ!冬美ちゃん!!」だと思います。

 
 あと、これですねぇ~
 THE BLUE HEARTS 「情熱の薔薇
 これは、まだ病室が個室だった時に、思わずボリュームを上げて聞いていたら、「ブルースブラザース」に出てたアレサ・フランクリンみたいな看護師長に怒られてしまいました。

 むかし、MODSだった頃、「東京ロッカーズ」というパンク/ニューウェーブのムーブメントがあって、実は筆者もモッズバンドを組んでいたのですが、メンバー全員演奏が下手で、往年のR&Bや60年代のブリティッシュ・ビート・ミュージックとは程遠くて、周りからは「ラモーンズ」かよ!って突っ込まれていた頃を思い出します。。。
 彼等がデビューする5、6年前くらいでしょうか?
 初めて「人にやさしく」を聴いた時の衝撃は忘れません。

 最近はこの曲なんかを練習してます。

 『DOES「修羅』
 
 これくらいなら筆者でも弾けるんです!
 なんてプロに対して失礼ですね。

 もっと、ギターの腕が上がるなら、交差点で悪魔と取引してもいいのですが、見向きもされませんな。

 クリーム「Crossroads クロスローズ」とは言いません(特に2回目の間奏部分などは、とても人間が弾いているとはおもえません!悪魔が乗り移ったかのような切れ味ですよ!)が、JOHN MAYALL & THE BLUESBRAKERS時代にクラプトンが引いていた「Hideaway ハイダウェイ」くらいは弾きたいと思ってます。
 まぁ、夢ですね。
 
 「クロスローズ」のオリジナルのロバート・ジョンソン版はこちら 
  
 「ハイダウェイ」は元々はブルース・ギタリストの3大キングの一人、フレディ・キングの曲です。

 テキサス・ブルースの、この人の演奏もカッコイイです。
 スティビー・レイ・ヴォーン&ダブルトラブル

 
 な~んか、腕時計とはかけ離れた、訳の判らないブログ記事になってしまいましたね~

 その上、選曲が支離滅裂ですな・・・

 でも、律儀に全部聴いてくれた方は、その後の人生が変わる事をお約束致しま(せんで)す。

 病み上がりと言う事で、ご容赦を!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/05 07:12 ] Hard Rock Cafe | TB(0) | CM(6)
Re: フクロウ様
いろいろとご迷惑(?)お掛け致しました・・・

ジミ・ヘンは義母が日本人だったそうなので、その影響があったのかもしれませんねぇ~

Poco get ready
Theres Erizabeth a-coming
You dont need no baggage
You just get on board
All you need is love
To hear the Erizabeth humming
Dont need no ticket
You just thank the family

てな、感じですかね?

また、ぼちぼちやりますのでよろしくお願いします。
[ 2011/07/08 00:37 ] [ 編集 ]
ビックリ!
 インプレッションズのPeople Get Ready、なつかしいなァ・・・
 私はドゥ・ワップのオムニバスCDで知り、とにかく良く聴いてましたねえ。(もう取り戻しには行けない場所に置いてありますけど)

 ときに津軽三味線とR&Bギターのディープな共鳴ですが、私はジミ・ヘンドリクスで体験したことがあります。
 彼がモンタレー・ポップ・フェスティバル・ライブのオープニングで演奏したKilling Floor(オリジナルはハウリン・ウルフ)の出だしで掻きむしるように独奏するギター・サウンドには、見事に津軽の魂が宿っておるのです。

 ギターをお弾きになられるようで、私もベースかブルース・ハープでならお相手できますので、いつかそんな日が来ることを夢見てスタンバっておこうかな?

 それにしても、本当に大変でしたね~。
 命あってのPico Get Lady Erizabeth. 
[ 2011/07/07 20:14 ] [ 編集 ]
Re: 猫仙人の友達さま
コメントありがとうございます。

毎朝、クラプトンを聴きながらとは、イイですね~
仕事が捗りそうですな。

私は、自転車通勤なので聴けないのが残念です。

でも、施設での昼のカラオケタイムなどで、マイクをジャックしてウルフルズの「大阪ストラット」なんか歌って、ドン引きされてるんですけどね・・・

昨年のクリスマスなんて、女性利用者全員(18~58歳)とAKB48の「ヘビーローテーション」を振りまで覚えさせられて歌わされましたよ。

覚えるのが大変で、12月は仕事にならんでしたなぁ。

さすがに衣装だけは勘弁してもらいましたが・・・
[ 2011/07/06 01:23 ] [ 編集 ]
Re: ホーシュ様
全曲お付き合い下さり、ありがとうございます。

ところで、歯の痛みはいかがですか?
人間が受ける苦痛では、歯痛というのが一番ひどいと言う話を聞いた事があります。
私も歯が弱くて、上の前歯は4本が差し歯ですし、奥歯に至っては上下共に殆どブリッジです。
これは、まあ、歯磨き云々以前の問題で、人為的な衝撃によるものが殆どなのですが・・・
中高生の頃、優等生だったらもっとイケメンだったのですがねぇ~

ギターに関しては、どうも私はきちんとトーンや音をコントロールできていない様です。
多分、繊細さに欠けるのでしょう。
ジェフ・ベックのように絶妙なコントロールで歌っているように弾きたいのですが・・・
ガチャガチャと3コードで掻き鳴らしてしまうのは腕の問題なのでしょうが無いですね。

[ 2011/07/06 00:47 ] [ 編集 ]
こんばんは

音楽に疎い私としては・・・上手くコメント出来ないのですが、Venus の Shocking Blueを洋子ちゃんがTVで歌っていたのは、よく覚えてます。
Claptonは、毎朝Iphoneで聴きながら通勤してます。
[ 2011/07/05 22:11 ] [ 編集 ]
律儀に全部聴きましたよ。
私のギターの歴史はウエス・モンゴメリあたりで止まっておりますから、全て楽しく拝聴いたしました。琴線に触れるとはよく言ったもので、ギターや三味線の音には魂を揺さぶられる気がしますね。しかしクリームはやっぱり凄いすな・・・。
ブルーハーツのこの曲は村上春樹さんがよくエッセイで採り上げています。
私もたまに聴いて励まされています。
[ 2011/07/05 14:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->