腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?はたまたこれからは靴廃人記となるか?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  Hard Rock Cafe >  妄想ロック喫茶「Hard Rock Cafe」 Vol.6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妄想ロック喫茶「Hard Rock Cafe」 Vol.6

検診の結果なのですが、どうやら、体力回復の為に夏休みに入る事になりそうですねぇ~

学生以来の夏休みと思い、満喫させて貰うとしましょう・・・


今回は「ホーシュ」さんから、チャック・ベリーというお題をいただきました。
筆者の一番好きな曲は「ロール・オーバー・ベートーベン」なのですが、元祖バックビートのこの曲を聴いちゃうと、チャック・ベリーがブッ飛ばされちゃうんじゃないか?って気がします。

と言う訳で、本日の1曲目はこれ! 是非、大音量で!!
「Symphony No.7 in A major Op.92 Mov.4 - Allegro con brio - Ludwig Van Beethoven/ Nikolaus Harnoncourt, Chamber Orchestra of Europe」

どうです? この第4楽章の圧倒的なドライブ感?
えっ!!、ロックじゃないですか?
 
ビートは完全に裏打ちだと思うんですけどねぇ~

店主はよく行く「名曲喫茶」(まだ有るんです!)で、こればかりリクエストするので、一部常連さんからは「べト七(しち)さん」と言う渾名で呼ばれているんですよ。
それらの人達は、実は店主がこんな『妄想ロック喫茶』を開店してるなんて事は知らないでしょうなぁ~

まあ、そんな事はど~でもいいのですが・・・

お次は、「夏」と言う事でこの曲を!
「Vivaldi Summer The Four Seasons High Quality」

ちょっと長かったですか?
ヴィヴァルディの「四季」と言えば、「イ・ムヂチ」なんでしょうけど、ドイツ人のユリア・フィッシャーとイギリスのアカデミー室内管弦楽団のこれを選んでしまいました。
かわい娘ちゃん好きなもので・・・というか実力も凄いのですよ~
第三楽章など、切羽詰った恋に落ちた少女が、真夏の木立の中を恋人に逢うために疾走するイメージなんですよねぇ~
恋心にゆれる少女の情熱を感じて下さいね。
例えて言うなら、『ブラザーサン・シスタームーン』のクララ〈キアラ〉/ジュディ・バウカ-のような可憐な少女を!
donovan002.jpg


男性版の力強いパッションを感じる「夏の嵐」のこれなどもどうでしょう!

凄いですね~、ジュリアーナ・カルミニョーラって・・・

え!何か違いますか?

いや~、確かにこれじゃ「バロック喫茶」ですな・・・

ちなみに本来のアナリシスと店主のそれは全然違いますよ!!


そろそろ、本筋のリクエストにお答えしなければいけませんね。

毎度お馴染み「猫仙人の友達」さんのリクエストは、エルビス・コステロということなので、ちょっと捻ってこの曲を!
「Pump it up/Elvis Costello」

でも、やはり、この曲はおさえておかないと・・・
これは2008年のライブからです。
「Alison/The Tracks of My Tears/Elvis Costello」

途中で曲が変ってしまうのですが、なにやら昔の海賊盤ぽい音です。
しかし、コステロも老けましたねぇ~
まあ、店主も人の事は言えないのですが・・・
コステロはパンク/ニューウェーヴ・ムーブメントの中でも、ちょっとメジャーで異色だったスティッフ・レーベルでした。

今思うと、この大きめセルフレームの眼鏡というのは、当時のトレンドだったんですかね?
ちょっと、バディ・ホリーを意識しているような気がしますね。

この人は途中でジャズの方に行っちゃいました。

序でにこれも!!
「Tracks of My Tears(acapella)/Smokey Robinson & The Miracles」

この曲は、アメリカ映画の「プラトーン」で主人公のチャーリー・シーンが、マリファナを吸いながら隊の仲間と踊るシーンで効果的に使われてました。


さて、冒頭でも書きましたが、「ホーシュ」さんのリクエストです!
「Johnny B. Goode/Marty McFly with the Starlighters」

違いますねぇ~、これじゃなかった・・・

これでしょう!!
「Roll Over Beethoven - Chuck Berry」

如何でしょう?かなり時代差を感じますが、50年代では最高にクールだったんでしょうなぁ・・・

あと、これなんかもどうぞ!!
「Oh Carol/Chuck Berry & Keith Richards」

なん~か、店主とキースはギターの腕が変らないんじゃないか?と思わせるモノがありますな。
確か、この曲はストーンズの1stアルバムにも入ってました。
でも、ここのベーシストは、ビル・ワイマンみたいな音を出してますなぁ~


さて、次の曲も常連さんの「フクロウ」さんのリクエストです!
「Tennessee Waltz/Bonnie Raitt & Norah Jones」

いいですねぇ~
二人の声は心の襞の隅々にまで届いてきます。

店主は初期のボニー・レイットのブルースっぽいのが好きでしたが、その頃は日本ではあまり人気が無かったので悔しい想いをしたものです。
これ程のボトルネック・ギター奏者は、ジョニー・ウィンターかボニー・レイットか、なんて言って、失笑を買ってました・・・
両者ともに、日本ではマイナーですからねぇ~
残念です!!


って言うか、この御三方からしかリクエストが来ないって・・・

皆さん、遠慮せずリクエストして下さいねぇ~
次回は「夏の思い出・・・」というお題にしますので、奮ってコメント欄からリクエストして下さい!!

(この御三方以外は読んでなかったりして・・・)

では、みなさんには、若い頃はジョス・ストーンのようだったかみさんの、現在の「ド派手なオバハン」姿をどうぞ!!
『Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun HD』

最後の方はマルクス兄弟の映画のようでもありますな。

冒頭の本物のオバハンじゃないですよ~(シンディの本当の母親だそうです)
似ているのは、シンディの方です!!

いえいえ、冗談じゃなく、隣を歩くのに躊躇するくらい、本当に派手なんです!!
昔はこんなに派手じゃなかったのですが・・・
色使いがアメリカ人なんだよなぁ~
スカートを振り回すノリなんかも・・・  だよなぁ・・・


朝の光の中を私は帰ってくる
「あなたはいつ自分の人生をまっすぐに生きるの?」ってママが言うの
ああ、ママ、私たちはそんなに幸せじゃないわ
だから女の子達はみんな楽しみたいの
ああ、女の子達はただ楽しみたいのよ

夜中に電話のベルがなると
「お前は自分の人生で何をするつもりなんだ」ってパパが叫ぶの
ああ、パパ、今でもパパがNo.1だとわかってる
だけど女の子達はみんな楽しみたいの
ああ、女の子達はただ欲しがってるの

なにか楽しみが欲しい、彼女達にはそれが全て
仕事をして落ち込んだとき
女の子達はみんな楽しみたいの
ああ、女の子達はただ楽しみたいのよ

何人かの男の子が素敵な女の子を連れて
彼女を他の世界から隠してる
私は日の当たるところを歩けるようになりたいの
ああ、女の子達はみんな楽しみたいの
ああ、女の子達はただ欲しがってるの

なにか楽しみが欲しい、彼女達にはそれが全て
仕事をしてて落ち込んだとき
女の子達はみんな楽しみたいの
ああ、女の子達はただ楽しみたいのよ

彼女達は欲しがってる
ただ欲しがってるの、ああ、
彼女達は楽しんでる
ただ楽しんでるの・・・


「女の子だって楽しみたいのよ」って言われても・・・

歌の内容はまさに我が家の状況です、歴史は繰り返すと言ったところでしょう。

という店主の方は・・・
以前も書きましたが、ドカジャンを着たこの人のイメージをご想像下さい・・・

「馬鹿野郎! オヤヂだって楽しみたいぜ!!」
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/29 08:00 ] Hard Rock Cafe | TB(0) | CM(4)
Re: ホーシュ様
いつもありがとうございます。

「ベト7」
ですが、名曲喫茶に有るのは、ウィーンフィル盤だったような気がします。
バイエルン放送楽団などは聴いてみたいですね~
自宅に有るのは、朝比奈隆指揮の大阪フィルハーモニー交響楽団盤です。

「ロール・オーバー・ベートーベン」
私はジョンの声が好きです。

リクエスト了解しました!!
[ 2011/08/01 21:41 ] [ 編集 ]
またまたリクエストに応えて頂き有難うございました。
ベートーヴェンの7番は名曲ですけれど、最近は意外に聴く機会が少ないです。
たぶんベートーヴェンの音楽に耳を傾けるだけのパワーがないのでしょうね。
もっぱらバッハの宗教曲やブラームスの後期ピアノ曲で寂しき心を慰めています。
ベト7にはカルロス・クライバー/ウィーンフィル、ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団などの名盤がありますので、ぜひ名曲喫茶でお聴きになってみて下さい。
「四季」はラ・プティット・バンド、エンシェント室内管弦楽団等、古楽器を使用した演奏に魅力を感じます。

「ロール・オーバー・ベートーベン」。題名のわりに、今では古典的なロックンロールに聴こえるのが面白いですね。ビートルズVerもいいなぁ。私、ジョージ・ハリスンがけっこう好きなのです。

夏の思い出の曲・・・イギリスの作曲家ディーリアスの「河の上の夏の夜」をば。
[ 2011/08/01 03:46 ] [ 編集 ]
Re: 猫仙人の友達さま
どうも、どうも、いつもありがとうございます、

リクエスト、了解しました!

でも、そこは、それ、なんせ妄想ロック喫茶ですから、ジャンルは問わず!って感じですので、浪曲/浪花節から新内やお座敷唄、果てはオペラかオペレッタにミュージカルまで・・・音楽ならば何でもOKです!
[ 2011/07/31 11:35 ] [ 編集 ]
お題が夏の思い出・・・なので

ストレートに

・夏の日の思い出 日野てる子 

・夏の思い出 倍賞千恵子

ああ 全然ロックでありましぇん

RCサクセションのサマータイムブルースで! タイムリーかも
[ 2011/07/30 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->