腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  腕時計の小世界 >  腕時計の小世界 その17.同僚のスモールセコンド腕時計編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腕時計の小世界 その17.同僚のスモールセコンド腕時計編

 今日は仕事仲間の女性がしていた時計を見て、ふと、かって自分が好きだったタイプの時計について考えてみました。
 
 それは彼女が腕に巻いているような、スモールセコンド付きの3針時計です。
 茶色の革もよれよれになり、メッキも剥げて緑青が吹いているようなセイコーの時計ですが、大学に入学した時に父親に買って貰った時計だそうです。
彼女の細腕に巻かれ、勉学、恋愛、結婚、出産、育児、仕事を乗り越えて来た、歴戦の勇士です。
 電池とベルトの交換しかしていないそうですが、故障や破損する事も無く、30年近く時を刻んでいます。
 
 時を知る道具として全うしている、幸せな時計ですね。

 さて、今では、ほとんどの時計の秒針がセンターセコンドとなり、クロノグラフくらいにしか付いてないスモールセコンドですが、1950年代位までは普遍的な機構だったようです。
 手巻き機械の腕時計では、センターセコンドの物より歯車の構造が簡単であった、と昔読んだ本に書いてあったような・・・(申し訳ありませんが、詳しく知りたい方はご自分で調べて下さい)

 私が好きだった1980年代には、中の機械はほとんどクオーツになっていましたが、結構、市場に出回っていたような気がします。

 当時はアメリカン・トラディショナルファッション全盛の頃で、何かと身に付けるものにクラシックな物が流行っていました。
 
 私など中学生の頃からのVANボーイズ(ボタンダウンシャツを着ているのは不良と言うことで、学校から着用が禁止されてた。という昔々のお話です)でしたから、80年代初頭は、我が世の春が来たような青春時代を送っておりました。
まあ、その勢いでアパレルメーカー入社となるのですが、それはまた別の話。

 さて、当時、付き合っていた彼女に時計を買って貰った話は、以前に掲載しましたが、まさに、その「エメリック・メールソン」のような、スモールセコンド付きの時計を「チープな腕時計シリーズ」第13弾として、探してみることにしましょう。

『CITIZEN 【シチズン】 FREE WAY 男女兼用腕時計 AA92-4172L』
【詳細は下記リンクで】


 いかにも、という時計がありましたが、¥3000以内ではこれだけでした。
 綺麗な形の時計で、エンブレムもかっこ良いですが、伝統高速道路倶楽部って・・・?

↓値段は上ですが、これなんかも良いですね↓


↓ちょっと、心配ですが・・・ これも良さげです↓

 「フライングタイガース」って・・・
 台湾で紫電11型に乗って米陸軍第11航空軍と戦っていた大伯父を持つ筆者としては、ちょっと複雑。

 でも、探せば、まだ、結構見つかるんですね。


 でも、本当に私が欲しいのは・・・



これ!!
pf03501.jpg


 高くて買えるか~!!


 スモール・セコンドの腕時計はここをクリック

 
 ちなみに我が家にあるスモセコ時計はこれ↓
 スモセコ
 左から、セイコーのザ・リーグ、アルバ、アルバの12星座表示機能付です。


【トレミー】人気ブログランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/17 14:40 ] 腕時計の小世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->