腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?はたまたこれからは靴廃人記となるか?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  腕時計の小世界 >  腕時計の小世界 その22.懐中時計編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腕時計の小世界 その22.懐中時計編

 今日は、「八甲田山の日」だそうです
 1902年(明治35年)に冬の八甲田山へ軽装備で雪中行軍に出かけた旧帝国陸軍第八師団青森歩兵第五連隊第二大隊の兵士210名が悪天候の為に遭難したことにちなんでだそうです。(厳密にいうと行軍に出発した日)
 本来は冬の重装備が必要なのですが、対ロシア戦に備えた指導部の無謀な判断で遭難し、1月24日~27日に199名の命が失われました。

 (当時、北日本は大寒波に襲われ、1月25日には、旭川で日本最低気温の零下41度を記録しています)

 (また、余談ですが、八甲田山という山はありません。大岳、前岳、田茂萢岳、赤倉岳、井戸岳、硫黄岳、石倉岳、高田大岳の総称で、これらが八つの甲に見える事から通常八甲田と呼ばれています。正式には「北八甲田連峰」と言うそうです)

 という訳で、真冬の悪天候の中でも使用できる腕時計を、と考えましたが、当時は時計と言えばポケットウォッチで、腕時計が登場したかしないかの端境期(それも懐中時計をベルトに装着して腕に巻けるようにした様な物)だったので、趣向を変えて、懐中時計で探してみましょう。

 例によって、¥3000以下で、この時計を見つけました。

 『ポラリス蓋付き 懐中時計 ホワイト 見やすい大型表示! (チェーンシルバー)』
 【詳細は下記リンクで】


 シンプルですね。
 多少の衝撃や、ガラス面を保護できる蓋付きで、ブレゲ数字にブレゲ針、これ以上バランスがよく、見やすいものは無いでしょう。

 但し、実物の質感が如何だかは、見ていないので判りかねます。
 まして、雪中行軍に耐え得るかどうかは・・・

他の懐中時計を見たい方はここをクリック

 ↓そして、我が家に有る懐中時計群です↓
IMG_7572.jpg
 左から、ティソ、フクロウの雑貨時計、雑誌「古の時計」第一号の付録、江戸の刻(針が1本で24時間表示)、スウォッチPOP、銀河鉄道999×2(クレーンゲームで取ったもの)です。
 結構有るもんですね~ 

 (詳細はいずれ、また)



【トレミー】人気ブログランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/23 13:30 ] 腕時計の小世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->