腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  腕時計の小世界 >  腕時計の小世界 その88.「G-SHOCK」は再生できるのか?編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腕時計の小世界 その88.「G-SHOCK」は再生できるのか?編

最近、どういう訳か筆者の手元に、ベゼルの崩壊した「G-SHOCK」が集まってくるようになってきました。

筆者が腕時計好きなので、いろいろな人がいらなくなった腕時計を持ってきてくれます。

ところが、これがちょっと迷惑だったりします。
いろいろなタイプの腕時計をいただくのですが、大体が筆者の趣味じゃ無いんですねぇ~、これが!

まぁ、元の持ち主のところに在れば捨てられてしまう訳で、それじゃぁ時計が可哀想なので、余程の物じゃない限りいただくんですけど・・・

冒頭にあるように、このところは「G-SHOCK」の寄贈が続いております。
それも、全てベゼルが崩壊した物ばかりです。ベルトがちぎれたものもありますなぁ~

まあ、「G-SHOCK」の売りである対ショック性の象徴のベゼルが壊れてしまっては、持ち主としては腕時計としての機能が失われたと思うのは仕方ないですし、それは、もう「G-SHOCK」じゃない、ただのデジタル時計になってしまう訳です。(アナログもありますが・・・)
さらにウレタン・ベルトの遊環が切れたり、ベルト自体もベタベタしたり、千切れたりしたんじゃ、電池が切れたらもう要らないって、考えるのは当然かもしれません。

しかし、物によってはベゼルやベルトがネット上で販売されているので、一応、価格を調べてから、持ち主にいくら位で外装は綺麗に出来ると伝えると、大概はその価格を聞いて、そんなに掛かるなら新しい「G-SHOCK」を買うと言います。
ベゼルとベルトを合わせると送料別で¥4,000~¥5,000掛かるんじゃあ、余程、思い入れが無い限り、まあ、そうなりますなぁ。
筆者に腕時計を持って来る人は、腕時計に興味の無い人が殆どですから・・・

そんな訳で、今、筆者の手元には15本の「G-SHOCK」があります。
3本はベルトを交換するだけで使用することができます。
2本はベゼルとベルトを購入すると再生できます。
6本はベルトが購入できますが、ベゼルはもうありません。
4本はベルトもベゼルも購入できません。
もちろん、すべて電池切れです。

さ~て、どうしましょうか?
これだけで、ベゼルやベルトを買う金額で、一体「G-SHOCK」が何本買えるのでしょうか?

まあ、その内、G-100(-2BMJF)は再生しても良いかなぁ~って考えてますが、なにせこの時計、2002年2月発売の、時針が黄色のブルーのベゼル・ベルト仕様なので、補修部品はブラックのベゼル・ベルトしか無いんですよね~
気にしなければ良いんでしょうけど。

これ以外は、ほぼ15年~20年前の物ばかり・・・
ブームの頃かったんでしょうけど、まさかこんなになるとは考えも及びませんよね。
補修部品も殆ど手に入りませんしねぇ~
かろうじてベルトが在庫品として流通していますが・・・

という訳で、標記、『「G-SHOCK」は再生できるのか?』に対する筆者の答えは・・・

ベゼルやベルトがウレタン樹脂の物は、カシオが外装の補修部品を生産してくれない限り「G-SHOCK」としての再生は殆ど無理という結論に達しました。
ちなみに、モジュールの寿命に関しては考慮に入れておりません。

まあ、「新しいのを買え!」ってっ事なんでしょうけど、作れば需要はけっこう有ると思うんですがねぇ・・・
カシオさん、時計を売るだけじゃなく、その時計が持っていた諸々のバックグラウンドも大切にしなきゃ、腕時計メーカーとしては、一流とは言えませんぞ!!






【追記】
最近、「G-SHOCK」の再生に関していろいろ調べていたら、加水分解ということ知りました。
そう言えば、筆者も20年前に買って、殆ど使用していなかった、「L.L.Bean」のトレッキングシューズのソールが崩壊した事がありますが、あれも加水分解だったのでしょうねぇ~

ウレタン素材は非常に素晴らしいんですけど、経年劣化には非常に弱いということが良く判りました。

金属製の腕時計では、経年劣化でベゼルが崩壊?すると言う事は、殆ど無いんですがねぇ~



↓楽天市場はこちらから↓



↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/26 20:53 ] 腕時計の小世界 | TB(0) | CM(6)
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

カシオの腕時計は本当に種類が多いですよねぇ~
企業努力の結果なのでしょうが、補修部品の在庫管理等も大変だろうと推測します。
それを理解した上で、カシオには補修部品としては、サプライヤーに独自で生産出来、販売できるような度量を求めたいです。

ウレタンは非常に良い素材なのでしょうが、使い捨てにならざるを得ないというのが、ちょっと残念ですよね~
更なる技術の進化を願いたいものです。

[ 2013/03/02 09:10 ] [ 編集 ]
Re: 猫仙人の友達さま
> やはりプラスチック、ウレタン、ゴム系は、使い捨てなのでしょうか。
> 最近の機械式でも夜光塗料に変わり、マイクロガスライトというトリチウムガス封入したものが出回っています。10年以上光るらしいですが、15年、20年とその後はどうなるのでしょうか。余計な心配でしょうかね~。

コメントありがとうございます!

使い捨ては勿体無い様な気がしますよね~

使い倒して、ボロボロになってから、戦士の休息ということで予備役に編入、メンテナンスを施した上で、大事に使い続けて行きたいと願いたいものです。
「老兵は死なず」
それは、将官に留まらず、一兵卒に至るまでと私は思っております。

単なる、貧乏性なのかもしれませんが・・・
[ 2013/03/02 09:04 ] [ 編集 ]
こんばんは。
最近必要に迫られ、時計のことも勉強しているのですが、カシオは他のメーカーに比べて、見積もりや修理も迅速で気取りのない姿勢に好感度は高いのですが、正直、いろいろありすぎて分からないです。。。
ウレタンベルトは加水分解するという興味深いこと学べました。
[ 2013/03/02 00:45 ] [ 編集 ]
やはりプラスチック、ウレタン、ゴム系は、使い捨てなのでしょうか。
最近の機械式でも夜光塗料に変わり、マイクロガスライトというトリチウムガス封入したものが出回っています。10年以上光るらしいですが、15年、20年とその後はどうなるのでしょうか。余計な心配でしょうかね~。
[ 2013/02/28 01:32 ] [ 編集 ]
Re: ホーシュ様
コメントありがとうございます!

今日は通院日で仕事は休んでおります。
まあ、経過は良好との事で、一安心というところです。

私は飽きっぽいくせに、物は大事にする。というちょっと矛盾した性格でして・・・

ですから、余程のことが無い限り、物を捨てたりしないんです。
じゃあ、自宅がゴミ屋敷になってしまうかと申しますと、自分が気に入ったものだけの法則なので、気に入らない物はどんどん捨て去ってしまうので、まあ、バランス?が取れていると申しましょうか・・・

「G-SHOCK」に関しては、好きなだけに悩ましいところであります。

チープな物を真面目に作るのがカシオの美点なら、そこに、長く使い続けられる努力も加えて欲しいと願うのは、私だけでしょうかね~

無い物ねだりかもしれませんね~

[ 2013/02/27 15:07 ] [ 編集 ]
G-SHOCK最大の弱点は加水分解だと思います。新品がどんどん売れる反面、G-SHOCKブランドの魅力である堅牢なイメージは失われ、メーカーとしても迷うところでしょうね。一時期、いろいろなモデルを買いましたが、今いいなあと感じるのはベルト・ベゼルの供給が豊富な定番DW-5600Eのみ。まあ、もともと使い捨てのチープな感覚がカシオの魅力の一つではあるのですけれど・・・。
[ 2013/02/27 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->