腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  Hard Rock Cafe >  妄想ロック喫茶「Hard Rock Cafe」 Vol.21 [2013/12/08]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妄想ロック喫茶「Hard Rock Cafe」 Vol.21 [2013/12/08]

最近の店主は、傍から見ると年甲斐も無く訳の判らない音楽を聴いていると言われているのですが・・・

しかし、店主にとってそれは必然であり、当然の選択でもあるのです。

それは何故か?

店主にとって、バイブルとも言うべき本があります。

それは高校生の時に読んだ、片岡義男の『ぼくはプレスリーが大好き』と言う本です。

“いつラジオの音量をあげたか?”

“ロックンロールは「生き方」だ”

と言う言葉が今でも心に残っています。

詳しくは内容に触れませんが、これはラジオから流れてきた曲を聴いて、魂が震えた事が有るか?という事だと思います。

また、ロックロールと言うものは生き方であり、心の状態であると言う事と店主は認識しました。

多分、大多数の人々にとって、なんの事だか判らないのでしょうが、店主はその言葉や内容を自分なりに受け止めてしまいました。

そこで、多分、音楽の嗜好、否、もっと広い範囲で、その生き方が決まってしまったのかもしれません。


そんな店主がラジオから流れてきた曲で、初めてボリュームを上げた曲はこれです。

『John Lennon - Mother』

A4051_I1.jpg

店主が幼少期に体験したような想いを歌にしたような曲なので、聴いていて心が震えるという体験を初めてしました。


次に、ロックンロールは生き方だ!と思った曲はこれでした!

『John Lennon - Stand By Me』

87_20131206231807c0b.jpg

11歳から18歳まで付き合っていた彼女を、初めてかけがえのない人だと認識させてくれた曲です。

生母を尋ねてアメリカに行って、そこで彼女と一緒に暮らそうと真剣に思っていました。
その為にはと想い、必死で英語を勉強していました。

その後、いろいろありましたが、店主にとって、ジョン・レノンと彼女は人生を今に導いてくれた偉大な存在なのだと思っています。

今に至るまで、その時々に、筆者に寄り添い、励ましや勇気をくれます。

店主がいろいろなジャンルの洋楽を聴くのは、それが、その頃は英語のヒアリングをするのに一番手軽で簡単な方法だったかもしれません。

そして、今から33年前の今日、ジョンは暗殺されたんです。
彼女も今日では有りませんが、今から15年前に若くして他界しました。


限りない敬意と感謝をこめて、店主が真似していたジョン・レノンの一番好きな写真を貼っておきます。
彼女の写真は貼れません・・・学校で一番可愛かったのですが、かみさんが悲しむので・・・

20100725072703611.jpg

店主が高校生の頃は、ず~とこの髪型でしたねぇ~



↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/08 09:17 ] Hard Rock Cafe | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->