腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  腕時計の小世界 >  腕時計の小世界 その33.安時計と加齢と自己との戦い編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腕時計の小世界 その33.安時計と加齢と自己との戦い編

 我々時計好きが(このブログを読む方は、そう言っても良いでしょう?)、チープな腕時計をする場合の最大の障壁は、その価格から来る時計に対する自己卑下感(所謂、自意識)との戦いであると筆者は思っています。
 そして、最大の難関が、その時計をする時の自分のライフスタイルや、ファッションスタイルとのマッチングじゃないでしょうか?
 
 いやはや、これが実に難しいんですよね~
 
 筆者などは、いつもこれで頭を抱えます。
 
 用途に合わせて時計を替えることができますが、自分の人生を安時計にシンクロさせようとすることは実に難しい。と言うより、合わせられないんですよね。
 
 これが若い人がする高級な時計なら、若さと時計が出すオーラで、多少は自分が背伸びしてでも、スタイルやファッションを合わせることが可能ですし、もし、それが安時計でも将来への可能性を感じさせることができます。

 しかし、ある程度歳のいったオヤヂなどが、意識もせずに高級時計なんぞをすると時計のオーラに負けてしまうし、チープな腕時計だとこれまた加齢と時計の出すオーラ?で、何だか裏道人生っぽい零落れ感が出てしまうんですな、これが。
 
 筆者にとってのベストマッチングな時計は、ブライトリングの「ナビタイマー」と「クロノマット」と自分では思っています。(別に時計の衣を借りている訳じゃありませんよ)
 これなら、元アパレルメーカーで商品企画や製造をこなしていた筆者ですから、どんな格好だろうが、何処に行こうが、自分のものにする自信があるのですが、こればかり腕に巻いている訳にはいきません。
 まして、職場になど危なくて(人にも時計にも)、とてもして行けるような時計じゃない訳です。
 (何故かは、以前の記事を読んでいただけるとご理解いただけると思います) 
 
 用途によって腕時計を使い分けることを身上としている筆者にとっては、いろいろな腕時計をして生きていかなければならんのです。(って、勝手に決めちゃってるし・・・)

 福祉施設の長とは言っても、運営費から必要経費と非常勤の人件費を引いて、それを常勤職員の人数分で割った給料ですから、私も一般職員も給料が同じ、否、各種手当をつけると、私が一番給料が低いんですから話になりません。  
 全国業種別平均年収調査で、下から2番目ブービー賞の社会福祉業種(最下位は何なんでしょう?)は、大体、一般企業の中堅幹部になっている同年代の友人たちの半分以下です。
 なにせ、小なりといえども社会福祉施設の施設長が、看護主任の長女と手取りで15万も違うんですからねぇ~・・・ とほほ・・・
 どうも、これは失礼いたしました。金の事で愚痴るなんて下品な事は止めましょう。
  
 でも、社会のメインストリームではないですが、こんなに色々な人と触れ合える、面白い職種は無いんですがねぇ~ 

 だから、安時計を集めるのか?って問われれば、まあ、それを理由にしているだけじゃないかって気もしますが・・・
 
 筆者など、まだまだ、煩悩が深くて、悟りが開けて無いのですね。
 
 達観して、どんな時計でも堂々と腕に巻けるようになるのは、いつの事やら。
 
 現在、出ている答えは、「悟りを開くには、全てを捨て、煩悩を絶つしかない!」と言うものなんですが、「捨てられる訳ゃねぇだろ!」 
 と自問自答の毎日です。
 
 「捨てきれぬ 荷物の重さ まへうしろ」 種田山頭火 

 って、そんな事考えてる暇がある位なら、仕事を真面目にやれ!!
 
 ですか?・・・ 


 そう言う筆者は、こういう時計をしています。
 2011020302040000.jpg
 筆者が所有する唯一の電波時計のJ-AXISの「MARSHAL(マーシャル)」A.S.9.Iです。ホームセンターで確か3000円だったと思います。
 写真では、なかなか軍用時計風でカッコイイ外観だと思います。が、よく見ると実物は結構チープ感を醸し出しており、ついつい袖の下に隠してしまいそうになる、小者の筆者であります。
 ブラックフェイスに全アラビア数字のインデックス、文字板外周のごちゃごちゃ感が筆者の男心をそそります。
 クログラフっぽい、プッシュボタンがついてますが、これは曜日や日を示す為のものと、電波の受信用の為のものです。
 確認したことは無いですが、多分、時間も正確なんでしょうね~
 但し、一見ロレックスのスポーツモデル風三連ブレスは、ダブルロックや三つ折れバックルではなく、安時計に定番的なスライド式バックルです。これはやりにくい上に粗忽者の筆者などは、落とさないようにヒヤヒヤしながら腕に巻いています。
 
 写真に蛍光灯の移り込みがありますが、気にしないで下さい。
 
 デジカメが壊れてしまったので、携帯のカメラで取っております。

 さて、アマゾンでアナログ電波時計で検索するとこれが最安値でした。
 【詳細は下記リンクで】
 


 他の電波時計はここをクリック


 私は、性格的にも、仕事柄でも、そんなに時間に正確じゃなくても良いのですが、世の中の時間に正確じゃなければいけない職種の人達、電車の運転手や車掌さんなどは、みんな電波時計を腕に巻いているのでしょうか?

 我が施設の利用者の中でも、自閉症の人たちには案外欲しがる人が居かもしれませんね。


 ↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/03 12:20 ] 腕時計の小世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->