腕時計徒然記

腕時計と音楽と人生についての独断と偏見に満ちた駄文を!!(最近は音楽放浪記か?)
腕時計徒然記 TOP  >  スポンサー広告 >  シチズン >  シチズン「コスモサイン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シチズン「コスモサイン」

 今日は星空を腕に巻こうと言う事で、天体時計を取り上げます。

 こんな素晴らしい世界に誇る天体時計が日本にありながら、知名度や販売数がそれほどでは無いのが筆者には腑に落ちないのですが・・・

 それは、シチズンから1986年~89年に腕時計で発売された「コスモサイン」シリーズです。
1986年12月に国内で販売開始された「クラブラメール・コスモサイン」ですが、最初は南天表示用の限定1000個が好評のため、追加で全天表示用の限定1000個が販売されました。
 86.jpg
 星座盤は北緯35度を基準とした南天表示用と全天表示用があり、全天表示用は北緯35度で見られる天球の約96%を表示、赤緯-55.6度~72.5度までの範囲の恒星710、変光星30の眼視光度4.5以上の星空全体が表されます。
 南天表示用は南の空を観測するのに便利で、赤緯-55.6度~35度の範囲を表示しています。
 主な星座や天の川も表示され、星座盤としても使用することができます。
 毎月1日、11日、21日の太陽平均位置を示す「太陽平均位置表示機能」、日没までの時間と昼間の時間が判る「残日照時間・日照時間表示機能」、恒星と太陽の方位と高度が判る「方位角・高度表示機能」星座位置を知る為の「恒星時間表示機能」、空の暗さを判定できる「薄明識別機能」等を持つという多機能アナログ腕時計です。 星座盤の印刷版の総数は全10版。
 86海外
 
 1987年12月に「コスモサイン」 Ver.Ⅱモデルが発売され、文字板の星座盤の表示直径が25.5㎜だった初代「コスモサイン」から、同直径を27.5㎜とひと回り大きくし、天球表示範囲の北限も赤緯50度に拡げ、主な星雲星団や天の赤道なども追加されました。
 星座盤の印刷版の総数は全12版。
 87_20110210014151.jpg
 
 1989年2月に第二世代最期として販売された「ライトハウス・コスモサイン」Ver.Ⅲモデル
 89.jpg

 2001年に高価格ブランドの「カンパノラ」で復活した「コスモサイン」シリーズ
 01.jpg

 
 2005年12月以降は、「コスモサイン」は天体時計専用のブランド「アストロデア」と名前を変え、シチズンのカタログ商品の枠を出ることとなりました。


 「アストロデア」の月全天モデルの星座盤は全17版構成です。月新南天モデルでは全18版の構成
 スペクトル別に4色に色分けした恒星の各色調を明瞭に出すために銀色インクと各スペクトル色インクの混合インクの使用など、細部の印刷仕様にまで開発設計者自身の指定で製造してます。
 また、専用ルーペが付属するので、恒星数も「コスモサイン」の約1.4倍に増やしてあり、星座名や星座境界線などまで表示してあります。
月全天や月新南天の各モデルでは、月の通過範囲や月の位置範囲が読み取れる印刷パターンなども追加してあります。文字盤リング上の1日刻みのドットも機能性を重視したのが、大きな特長のひとつです。
 05~n


 05~niL


 05~s


 05~si


 これは、筆者所有の「コスモサイン」です。Ver.Ⅲの新南天表示用ですね。
 コスモサイン
 偉そうに解説しておりますが、筆者はマニュアルを読まなければ操作が判りませんし、書いてある事も天文用語が多いので何が何やらさっぱり判りません。
 その上、老眼鏡を外してルーペで見なければ、文字板がどうなっているか判らないんですから話になりませんね~
 
 でも、見えもしないのに全種類欲しいです。良いんです、腕に巻くことが出来れば・・・
 
【追記 2014/05/18】
2009年の7月からは再度、シチズンのカンパノラ・シリーズとして「コスモサイン」が発売されています。



ちょっと、高価になってなってしまいました。

 現行 ASTRODEA(アストロデア)シリーズはここをクリック


 ASTRODEA(アストロデア)のホームページです。
【上記リンク切れ】

 *当記事の写真は上記ホームページよりお借りいたしました。


  ↓面白いと思った方はバナーをクリックしてくれると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ 【トレミー】人気ブログランキング にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
スポンサーサイト
[ 2011/02/10 08:00 ] シチズン | TB(0) | CM(4)
Re: す!すばらしい!!
フクロウ様

いつもコメントありがとうございます。

これは本当に夢がある時計ですよね~

かつての少年時代の宇宙への憧れを思い出させてくれる時計です。

物自体がそんなに売れて無いので、オークション等に出ないのかもしれませんね。

頑張って手に入れて下さい。
時計の持つ価値以上の物があると思います。
[ 2011/02/11 23:29 ] [ 編集 ]
す!すばらしい!!
 これはすんばらしいお時計さまをご紹介くださり、ありがとうございます!

 このような時計がかつて日本にあったとは!!
 それを知らないなんて、やはり私はほんの駆け出しだなあ。

 「よっしゃあ、見てくれ一直線かつ宇宙イメージ大好きな私としては、この浪漫時計、ぜひ一本持たねばならぬ」とヤフー・オークションなど覗いてみましたが、ざあんねん、万以上のお品ばかりでしたあ!!

 ですが、新たなターゲットの発見に、私の心はビッグ・バンしておりますですよ!
[ 2011/02/11 20:42 ] [ 編集 ]
Re: ムーンサイン
ホーシュ様

回転計算尺付き時計を買ったとの事、お喜び申し上げます。

「ムーンサイン」や「コスモサイン」を見ていると、シチズンというメーカーにはセイコーと違って、技術以外でのクリエイティブな部分が優れているというイメージがあります。2番手なので、柔軟なんですかねぇ

スイスの高級品も良いと思いますが、最近は国産の名品と呼べるような物にも関心が出てきました。
やはり、日本人ですからねぇ~
良い物はメーカーだけじゃなくユーザーも作っていくと思うんですよ。

とか言って、中国製の安物雑貨時計も集めているんですから、やはり腕時計廃人ですな~私は・・・
[ 2011/02/10 18:34 ] [ 編集 ]
ムーンサイン
滝修行から帰ってまいりました。また宜しくお願いします。
第二世代のムーンサインをその昔、所持していましたよ。
6時側スモセコ?の星座盤はルーペで見ても何が書いてあるのか分かりませんでした。
ただ、気分は最高。宇宙の偉大なる法則がこの小さな時計に封じ込められているんだぜ、と。
ユリス・ナルダンの「ガリレオ・ガリレイ」に比べれば安い買い物ですしね。

貴ブログの影響で計算尺付き時計がどうしても欲しくなり、中古千円のTIMEXを購入しました。
いずれご紹介いたします。
[ 2011/02/10 15:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

pico32

Author:pico32


prof.gif

不良中年
ただし、今流行りのちょいワルオヤヂではない。
ガキのころからの不良である。

そんなオヤヂの時計放談

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->